ぬいぐるみのダニ駆除 対策は? ぬいぐるまーが試行錯誤した結果

ぬいぐるみのダニ駆除 対策は? ぬいぐるまーが試行錯誤した結果

布団や枕はダニの温床とよく言われますが、同じように枕元に置いてあるぬいぐるみにもたくさんのダニが住み着いてしまいます。抱っこしたりして可愛がっていると余計に・・・。

大切なぬいぐるみをダニから守るにはどうしたらいいの?コリラックマのぬいぐるみを溺愛している私が試行錯誤してたどりついたダニの対策・駆除についてお答えします。





間違っているダニ駆除・対策

よく勘違いされていることなのですが、洗濯してもダニは死滅しません。

ダニは虫みたいなものだから水攻めにすれば死んでくれるだろうというイメージを持っている方は多いのですが、ダニは水に強く、洗濯されたくらいじゃ全然死んでくれません。もちろん洗剤を使っても意味はないです。奴らは思ったよりもしぶといのです。

また、天日干しにしても意味がありません。暗くてジメジメしたところが好きだから思いっきりお日様にあててやれば死ぬというのは、あくまでもイメージの話で、ダニ駆除には何の意味もないというのが本当のところです。

さらに、掃除機で吸ってもダメです。ダニはぬいぐるみの内部に潜って避難してしまいますので、思った以上に吸うことはできません。

 

ダニが苦手としているもの

ズバリ、乾燥です。熱に弱いというのは意外でしょうが、あまり温度の高くない熱でも死んでくれます。50度以上の熱であれば弱い個体から死んでいき、60度以上になれば大体のダニを退治することができます。

 

 

ダニ駆除・対策はこうすればいい!

ダニが乾燥と熱に弱いというのは前項でお話しましたが、じゃあどうすればいいの?という具体的な方法についてお答えします。

 

1.乾燥機を使う

結論から言ってしまうとこれが最強です。乾燥機の温度は、機器にもよりますが60~100度前後です。20分ほど乾燥機にかければほぼすべてのダニが死んでくれます。

 

きちんとぬいぐるみ内部にまで乾燥&熱攻撃をくわえてくれますので、ダニは逃げ場所がなくなってそのまま死滅します。

 

家に乾燥機がないという人でもコインランドリーを使えば解決します。都内であれば自転車で行ける範囲にコインランドリーがあるのではないでしょうか。

 

近場にコインランドリーがない、もしくは型崩れが怖くて乾燥機は使えないという方は以下の2番の方法をオススメします。

 

2.ダニ退治・予防のスプレーを使う

乾燥機を使うと溺愛しているぬいぐるみがかわいそう、型崩れしてしまう可能性がありそうという理由で、私はこの方法を選びました。

私が使ったのはフマキラーのダニブロッカーです。フマキラーは害虫退治で有名なメーカーですね。

 

掃除機で吸おうとしてもぬいぐるみ内部に避難してしまうのでは・・・?と半信半疑で使ってみましたが、現代科学は予想以上に頼もしかったです。

主成分であるフェノトリンはダニや寄生虫神経伝達を阻害し、正常に体を動かなくさせることで殺すそうです。

薬剤に触れたダニは逃げることができないというわけですね。

そんな薬剤なら人体に有害で、枕元に置くようなぬいぐるみに使うのはまずいのでは?と思う人もいらっしゃるでしょうが、これは人体には無害です。赤ん坊が触れても大丈夫なように作られています。

実際にダニブロッカーを試してみたところ、よくダニに噛まれてしまっていたのがまったく噛まれなくなりました。予防効果も強力なようで一か月経っても再びダニに噛まれることはないです。

ただちょっと気になるのが匂い。それほどきつい匂いではありませんが、薬っぽい独特の匂いがします。一週間も経てばだいぶ匂いはなくなりますが、気になってしまう方はいるかもしれません。

私のように乾燥機を使ってのダニ退治はちょっと・・・という方にオススメです。

ダニ対策をしたあとにやること

乾燥機を使う、もしくは駆除スプレーを噴射するなどでダニの対策をしたらそれで終わりというわけではありません。

ダニは仲間の死骸をエサにするので、そのまま放っておくと死骸を食べてどんどんダニが繁殖してしまいます。

ここで有効なのは先ほど効果ないよーと書いた掃除機。生きているダニは逃げられてしまいますが、死んでいるダニ相手なら効果を発揮します。

掃除機のかけ方で大事なのは、ゆっくりかけること。

掃除機のノズルを早く動かしてしまうと効果的に吸うことができません。部屋の広さで言うと、1畳を掃除するのに一分かけるくらいのスピードがちょうどいいです。

ぬいぐるみが少しかわいそうかもしれませんが、病気の治療のようなものだと思って耐えてもらいましょう。ダニまみれになっている方がかわいそうですしね。

 

 

ダニを再度寄せ付けないために

ダニが嫌う匂いをアロマとして使うなどの方法はありますが、やはり気休め程度でしかありません。やはり薬剤を使うのが強力かつ確実です。

直接噴射するスプレーが一番効果的で、効き目は一か月くらいです。人体に害はありません。ただし、ぬしぐるみに薬剤の匂いがついてしまうのが最大の難点ではあります。

 

以上、ぬいぐるまーにとってはどうしても悩まされるダニ問題でした。他人から見るとただのぬいぐるみでしかないでしょうが、ぬいぐるみを愛する人とってはかけがえのない存在です。しっかりお手入れしていっぱい愛してあげましょう。