アフィリエイトはもう時代遅れ? オススメできない一つの理由

アフリエイトという単語を耳にしたことのある人も多いと思います。日本語に訳すと広告収入のことで、広告を貼って収入を得ることを指します。

眞鍋かをりさんや鬼嫁日記が大人気だったブログブームの頃に一気に拡大し、認知度が広まりました。

お手軽にできるネットビジネスのため、興味がある・もしくしはすでにやっているという人も多いのではないでしょうか。

このサイトもアフィリエイトで稼ぐことを目的としています。しかし、たくさんの本を読み、色々なサイトで勉強したところ、アフィリエイトは薄氷の上を歩くような危険な状態であると判断しました。

私はアフィリエイト以外の収入源も確保するために今動いているところです。


[/pc]

アフィリエイトはもうやばいと思う理由

一言で言うと、広告ブロッカーの存在です。広告ブロッカー自体はかなり昔からadbrockが存在していて、たまたま広告ブロッカーを導入していなかった一部の人がクリックするおかげで、アフィリエイトが成り立っています。

現在ではPVに対してのクリック率は0.1~1%と言われ、かなり少ないです。1000回サイトを見られたら10人の人がクリックするという割合なのですが、もっと少ない場合は1000回で1人です。

広告ブロッカーの導入により、これからどんどんクリック率が下がっていくでしょう。スマホでは広告ブロッカーを標準装備しているブラウザも増えてきました

広告ブロッカーの存在を知らない、インストールの方法がわからない、入れるのが面倒くさいといった人々が広告を見てくれるシステムになっているのですが、広告ブロッカーがデフォルトになると、こういった人たちも広告を見なくなります

もしもブラウザのシェアの多くを占めているgoogle chromeやFirefoxやInternetExploler(最近はmicrosoft edge)などが広告ブロッカーを標準搭載したらどうなるか。

クリック率が激減します。

0.1~1%のクリックが0.01%になったり、さらに下がる可能性だってあります。単純にクリック率が10分の1になれば収入も10分の1になるため、アフィリエイトをやっている人にとっては大打撃です。

アフィリエイトで生計を立てていて家族を養っているという人もいます。そういう人たちは一気に生活が成り立たなくなる可能性があることを知っておいた方がいいと思います。

 

でも色んな企業が広告載せてるし大丈夫じゃない?

yahooやmicrosoftといったネットに強い企業もアフィリエイトを使っています。yahooの一番単価が高いところに広告を出そうとすると一週間で850万円の費用がかかるそうです。収入としてはかなり大きいですね。

microsoftも広告をたくさん貼っているし、私が使っているhotmailなんかは右下の広告が割と目障りだなーと感じます。

ネットに強い企業がアフィリエイトを使っているのだから大丈夫じゃない?もし広告ブロッカーが標準搭載されそうになっても、政治的圧力によって回避できるんじゃないの?という意見もあります。

確かにそれはその通りです。広告がなくなると大打撃を受ける企業はたくさんありますし、猛抗議してくれるに違いありません。

しかも、googleは自身でアドセンスという広告サービスをやっています。自分自身がダメージを受けるようなことはしないということだってありえます。

私もそういう風に広告ブロッカーが導入されないことを願っています。ところが、雲行きが怪しくなってきています。

広告ブロッカーの最大手であるAdBrockが広告会社と手を組んでます

つまりこういうことです。

 

AdBrock「広告ブロックするよ!見えなくするよ」

広告会社「それは困る。なんとかならない?」

AdBrock「しょうがないから控えめな広告だけは見逃してあげるよ。お金を払えばね」

広告会社「(´・ω・`) 」

 

例えば、例として上にあげたYahooやMicrosoftが広告ブロッカーの会社にお金を払って、広告をブロックしないでもらう。そういう未来が近づいてきている可能性は大いにあります。

お金のある企業ならいいでしょう。ブロックしないで代がいくらになるかわかりませんが、常識的な値段なら払うことができます。

しかし、私のような個人はどうでしょう。元手0円でできるところに引かれてアフィリエイトを始めたというのもありますし、お金を払いたくはないです。仮に払ったとしても、よほど稼がないと収支マイナスになってしまう・・・。

これが、アフィリエイトはすごく危ない状況に置かれていると考えている理由です。

 

広告ブロッカーを入れてちょうだいと頼まれた話

私の母親は結構ネットが好きなのですが、ネットについての知識はあんまりありません。何かトラブルが起きた時に自分で直すことができません。

そんな母親が「広告がうざくてイヤ!見えないようにできない?」と言ってきました。私は、「私自身の首を絞めるような行為だよねこれ」と思いながらも、母親が使っているブラウザに広告ブロッカーをインストールしました。

これでもう母親が広告をクリックすることはおろか、見ることすらもないでしょう。

私自身、広告をなんとかクリックさせようと必死になりすぎてリーダービリティを無視しているサイトが多いなと感じます。ページの半分以上が広告で埋まっているとさすがに目障りだなあと感じます。

そういうサイトが広告ブロッカーの導入を促進させてしまっているようです。クリックして!と願うばかりどんどん人が離れていってしまう。押せば押すほど相手は引いてしまいます。

そうして広告ブロッカーが広まるとクリック率は激減し、収入が減ります。

アフィリエイトをしている人たちは、今の状況がずっと続くと思わない方がいいよ!というお話でした。