クラウドソーシングの1文字0.5円は安い?高い?元プロがお答えします

最近はやりだしてきたクラウドソーシング。かっこよさげに横文字を使っていますが、早い話が在宅ワークだと思っておけばいいです。

さて、このクラウドソーシングですがライター募集の案件がたくさんあります。例えば1文字0.5円というライター用の案件があったとします。

果たしてこれは安いのでしょうか、それとも高いのでしょうか。過去にライターをやっていた私がお答えします。






安いどころか、はっきり言って安すぎ

これくらいがライター仕事として受けられるギリギリのラインが、文字1円。それ以下の案件は安すぎるので受ける気が置きません。

ところが、クラウドソーシングでは1文字0.5円とか、1文字0.2円というものまで。一つの記事で800円といったケースもあります。

ハッキリ言って安すぎます。実際に書いてみればわかると思うのですが、一時間に書ける文字数は慣れてる人で1000文字くらいです。

1文字1円の場合は時給1000円と考えてよいでしょう。時給200円はさすがにない

1記事800円といったケースは記事の長さにもよりますが、大抵1500~2000文字くらいだと考えておいていいでしょう。それで800円だと、時給500円くらいです。

私が過去に受けたライター仕事では、テープ起こし(文字起こし)の仕事が1文字1円でした。自分で考えて書く書籍の場合は、1文字4円でしたね。

また、1文字あたりではなく、本一冊あたりで計算することもあります。その場合は本一冊で30万円でした。本一冊が大体10万文字だと考えておいてください。

 

なんでこんなに安いの?

信用代を差し引かれていると考えておくとわかりやすいでしょう。初めての人に仕事を依頼する場合、「バックレられるのではないか」「ちゃんとやってくれるのか」と不安になります。

信用がない場合はどうしてもそうなります。ましてや顔の見えないネットの世界。誰かがイラズラで仕事に応募してきたのかもしれません。

上に書いてある私のケースは、実力が信用できるプロのライターの場合です。ですが、クラウドソーシングだと相手がどれくらいの実力を持った人なのかわかりません。

もしかすると日本語覚えたての外国人かもしれないし、中学生かもしれない。そういった不安を考えたうえで、1文字0.2円などといった格安料金になっているのです。

何回も仕事を受けて、「この人に任せれば安心」という信用を得た場合、原稿料が高くなるケースが多いですが、変わらないケースももちろんあります。

クラウドソーシングのライター仕事ははあんまりオススメできません。残念ですが、それが結論となります。

確かにバックレられるリスクはわかります。仕事をちゃんとやってくれなかったら困りますしね。しかし、それはこちらも同じで、ちゃんと原稿料を払ってくれる会社なのかどうかわからないわけです。

こちらにばかりリスクを押し付けるのはちょっと・・・と思います。

ようやくネットが発達して面白そうな仕事の形ができたと思ったら、これですからね。ちょっと、いや、かなり残念です。