図書館で借りられる本は本棚にある本だけ?予約システムが超有効!

図書館がないと生きられない私です。

田書簡ヘビーユーザーならご存知だと思うのですが、予約という優れたシステムがあります。資料で必要になった時だけ本を借りに行くくらいのライトユーザーの方は知らないことも多いかと思いますので、ご紹介します。

予約からニュアンスからすると「順番待ちの本を順番登録する」という風に受け取られてしまいそうですが、それだけではないですよ!






「取り寄せ」も行える「予約」

「予約」についてあまり知らない時は、「順番待ちしてまで四みたい本でもないし……」とよやくしないままになることも多かったです。

いざ順番が来ると、読みたかった気持ちが消え失せてて、結局読まないまま終わる。そういうことも考えられたからです。

ところが、「予約」システムは「取り寄せ」も兼ねているので、よほど人気のある本でない限りはすぐに読むことができます。

例えば、「ニートの歩き方」という本が読みたかったとしましょう。ところが、行きつけの蒲田図書館ではすでに貸し出し中になっています。

こういう場合に予約をすると、同じ区内、同じ市内の図書館にその本があれば取り寄せて、すぐに貸し出せる状態にしてくれるのです。

さらに、蒲田図書館にはそもそもその本が置いてなかったとします。これもまた予約をすると、同じ区内、同じ市内の図書館にあれば取り寄せてくれます。

超便利です。図書館を使ってる時だけは政治家の人に感謝します。

 

ネットで予約もできちゃう!

会員登録が必要ですが、ネットで予約することもできます。ふと夜中に「あの本が読んでみたい」と思うことがあったら、予約すれば近日中に読めます。

図書館まで距離があるからちょっと面倒……という人にオススメです。

 

1.予約したい本を検索する

 

 

2.出てきた本を予約かごへ入れる

 

 

3.受け取り希望図書館と連絡方法を選択したあと、予約するボタンを押す

 

これだけです。あとは予約した本が希望した図書館に届いたらメールで連絡してくれます。(連絡不要にすることもできます)

 

人気のある本はちょっと厳しい

テレビで紹介された本や、ベストセラーの本は何百人待ちになってしまうこともざらです。在庫が何十冊もあるから思ったよりは待たないで済むのですが、それでも何か月かは待つことが多いでしょう。

そういう本は買うか、読書家の友人に借りるか。ハードカバーの本なんかは高くて買うのに抵抗がありますけどね。

図書館はどちらかというとマイナーメジャー関係なく色んな本を読む人向けかもしれません。